人気ブログランキング |

わらう花と大地のこと

a0283484_6325765.jpg

あさひを浴びて

笑っているようにみえるお花、



花や芽吹きだした緑を眺めたり触れたりするたび


前にインディアンの本で読んだ

ナヴァホ族のことをおもいだします。


春は大地であるお母さんのおなかに命が宿る季節、


だから 春になり大地に草(いのち)が生えてくると

お母さんのおなかを痛めないように

ナヴァホ族は、はいているモカシンを脱いでそっと草のうえを歩く。


地球上で暮らすおなじひとびとが、


こんなにも 大地を大切に思い
地球の息吹きに逆らわずやさしく暮らしている、

かたや
簡単に大地が汚されていくいま。


触れたいものに

素直に喜んで触れていいのか躊躇する、

目の前の自然。


美しく在る様は
なにもかわらなく見えるのに、、、

心がぎゅーっと苦しくなります。


ちいさな手が心が

おおきな手が心が

素直に触れてだきしめて喜べる
そんな未来を。。。



深く考えさせられます。
by iro-tori | 2013-04-06 06:02 | くらし